店長ブログ

ナムの誕生日

雑談ブログ一覧


日曜日の夜、突然の電話だった。

「店長、私の誕生日。だから寮に来て飲まないか?」ナムからである。

「今日、突然言われても時間遅いからな、明日にしよう。明日なら何時でもいいよ。」と答える私。月曜日の午後5時半に下関駅で待ち合わせることに。

翌日、5時半に下関駅に行くがナムはいない。10分ほど待つがまだ来ない。5分ほどしてナムが軽快に自転車で現れる。ナムの姿を見てビックリ!なんと、頭をツルツルの坊主頭にしている。ぱっと見、ちょっと悪そうなヤンチャ小僧である。

思わず「その頭どうしたんか?」と尋ねると、ナムの答えは至極簡単、「暑いから」の一言。「そうか」と答えるしかない。

とりあえず、ビールなど買おうと言うと、「沢山あるからいい」というがせっかくの誕生日にそれも悪いと思い、何か買うよというと「あるからいい」と繰り返すので、結局つまみを少々と私が飲む日本酒を買って寮に行くことに。

寮に着くと、ナムが「料理作るからちょっと待ってて。」と言うので、「料理作れるのか?」と尋ねると「ちょっとだけ」と言い台所にそそくさと行くナム。入れ替わりにナムとダットの友人のジュンが訪れる。ジュンとは顔馴染みなので、料理が来る前に乾杯してさっそく酒盛り。

しばらくして、ナムが出来たと言って料理を持ってきた。豚肉と野菜の炒め物、エビと野菜のベトナム風酢の物、蒸し鶏の3品。豚肉の炒め物はニョクマの風味よく塩味も効いてお酒に合う。そして、エビと野菜の酢の物はレモングラスの香りがよくすごく美味しい。これにはビックリ。これは店で出したいと思うほど旨い。蒸し鷄は親鶏を1羽蒸して豪快にぶつ切りにしたもの。肉に弾力があり、噛み締めるといい味がしみ出てくる。これは塩コショウで食べる。どれも酒のつまみに合うものばかり。ついつい酒が進んであっという間に持参した天狗舞の4合ビンが空いてしまった。

ナムの誕生日なのにご馳走になってばかりじゃ悪いと思い、豊前田の友人の店に連れて行くとこにする。もちろん、ジュンも一緒に。

日本の飲み屋に行くのが初めてで2人とも緊張気味。特にジュンは恥ずかしがって話をしない。日本人の彼女が欲しいと言ってたのに全然話さない。逆にナムは酒が入ってきて饒舌だ。2時間ほど楽しく飲んでお開き。

ナムにとっていい誕生日のお祝いにはなったかな。13672358_1621471941476761_1145125087_nIMG_1498