店長ブログ

6月24日利き酒恋活③驚異のカップル成立率

雑談ブログ一覧


さて、今回も利き酒恋活のお話。

さあ、ファーストインプレッションが終わって、用紙を回収。この時点でもうカップルが成立している場合もあるのですが、これはまだ参加者には知らされません。

さて、利き酒大会ですが、最初に試飲してもらった5種類のお酒の中から銘柄を当ててもらいます。皆さんお話に夢中でお酒の味を覚えているでしょうか。
6人1テーブルで1チーム。計4回の利き酒大会。1回ごとに男性だけが席移動です。これでまた、全員とお話ができるという寸法。各自に5種類のお酒を配ります。最初は「獺祭」から始めます。皆さん喧々諤々、「それじゃない、これだよ。違う違う、こっちだよ。」など各テーブルから声が上がります。1回、2回と利き酒大会を進めていきますと、上手に自分をアピールしてる人、中々喋れない人とちょっとずつ別れて来ます。それでも、いつもよりはお酒が入っているので全体的には盛り上がってます。その一方、何故かダットとナムも盛り上がって来て、しきりに私に「店長、何番の女の子が可愛いか?」と聞いて来るのです。「2人は何番がいいんだ。」と聞き返すと、こんな時だけ「私たち、日本語よくわからないから分かりません。」とふざけた返答。いい加減にしろってな感じです。

利き酒大会も終わり、いよいよファイナルインプレッション。泣いても笑ってもこれで結果が出てしまいます。フリータイムで色々お話もして皆さん最後のアピールタイム。梅津社長のMCのもと各自がそれぞれ工夫したアピール。思わず笑ってしまうものも。

女性が1人足りないので、急遽お店のスタッフを投入。どんなアピールをするのか楽しみ。
いよいよ彼女の番です。日頃は無口でか細い声なんですが、そのときは大きい声でお店の宣伝。思わず、「お~!よく言った!」と歓声をあげる私。ダットとナムも大笑い!そんなこんなで最後のアピールタイム終了。

さて、気になる結果ですが、なな、なんと15組中7組のカップルが成立!すごい!約半分の確率でカップルが成立なんです。梅津社長もこれにはビックリ!やっぱり、お酒の力なのか?それとも、私が汗水垂らして焼いた地鷄のおかげなのか。この結果には大満足です。

また、機会があれば利き酒恋活をやってみようかなと。参加者の皆様、ありがとうございます。獺祭