店長ブログ

大阪 南千里 「木下名酒店」

お酒ブログ一覧


花邑江坂の「あか瀬」に行った翌日、南千里にある「オアシス」という阪急系のショッピングモールで夕食を食べたあと、同じ建物にある「木下名酒店」に立ち寄ってみました。店の窓越しに覗いて見ると、ワインがズラッと並んであり、奥に日本酒の冷蔵ケースが見える。

中に入ってみると2組み4人がテーブルに座ってお酒を飲んでいる。ここでは日本酒の試飲ができるんです。2種類で500円、3種類で700円の利き酒セットがあり、その他にオススメのお酒を500円から試飲できる。早速、テーブルに座り、店長オススメの利き酒セット2種類500円を注文する。銘柄は三重県 「清水清三郎商店」の『作(ザク)』と和歌山県の「名手酒造店」の『黒牛』の2つ。『作(ザク)』は特約店の関係で中々下関では飲めない。『黒牛』もこちらでは中々見かけない。

まずは『黒牛』から。近畿の地酒No1の人気のお酒。純米酒はやわらかい香りと米のうまみを引き出した幅のある味わい。お猪口では少ない、もっと飲みたいというお酒でした。

次は『作(ザク)』を飲んでみる。『作(ザク)』シリーズのベーシックライン的な純米吟醸で薫り系純米吟醸と味わい系純米吟醸をバランス良くブレンド。芳醇な薫りとフルーティーな味わいを併せ持ったお酒。これももっと飲みたい。

2種類を飲んだあと、ちょっと店長さんとお話が出来たので色々と話をする。すると、「どちらからいらっしゃんですか?」と尋ねられたので、「山口から来ました。」と答えるとすかさず「獺祭が人気ですね。」と。それから仕事の話など聞かれたので答えると、「じゃあ、こういうお酒もありますけど試飲してみますか?」と誘われる。是非ともということで、続いて試飲に入る。

勧められたのが岐阜県の杉原酒造の『射美』というお酒。生産量がすごく少ないので入手が難しいとのこと。飲んでみると、香りはそんなに強くないんですが、梅酒のような風味と甘酸っぱい味わい。でも、味わいに広がりを感じるお酒で、思わずため息が出る。

続いて、秋田県の両関酒造の『花邑』を試飲です。人気実力ともに日本酒の頂点に立つ【十四代】の高木社長からの異例の技術指導が行われた純米と純米吟醸。米選び、醸造方法、保管方法、ラベル、名前まですべて十四代が監修したこともあり、ベースは間違いない酒質に加え、両関酒造のアレンジがより味に深みを与えています。旨みを持ったやや甘口の酒質、飲んで落ち着き、食が進む酒です。甘いんですけど、飲み口にキレがあり、後味がサッパリしたお酒です。

その後も『作(ザク) 玄の智』や『越の寒梅』など試飲させていただき大満足。中には、開封前のお酒をわざわざ開封してもらったりして申し訳ございません。

でも、こうして色々なお酒が試飲できる酒屋さんって面白いですよね。今度は何を試飲しようかな・・・・
作射美