店長ブログ

初音で昼飲み

お酒ブログ一覧


九州のお酒を楽しむ会を終えてフラフラした足取りで西梅田駅から阪急梅田駅まで地下街を歩く。手にはしっかりと本日の資料を握り締めて。(紙袋が貰えず非常に持ちづらかった)

行き帰りを何とか迷わず行けたから良かった。それにしても人が多い。年中馬関祭りをやってるみたい。

阪急梅田駅に着くと、そのまま真っ直ぐ「新梅田食堂街」の『初音』へ向かう。前にブログで紹介したと思いますが、この店は大阪に来て昼飲みをする場合必ずと言っていいくらい立ち寄る店です。
店に入ると、おばちゃんが「あっ毎度!いつ来たん」と出迎えてくれる。「昨日の晩に来て、今、ヒルトン大阪で酒の試飲会に行って来た」と結構馴染みである。(実はそう思ってるのは自分だけかも・・・・)

串カツの牛と鷄ささみとハイボールを注文。この店も相変わらずお客の出入りが多い。大阪で昼飲みする人はみんな早い。つまみ1品で飲み物2杯で帰るとか、つまみ2品で飲み物1杯とかおしまいとか、サッと飲んでサッと帰るんです。私には無理!無理!1~2杯で帰れたらベロベロ何かにはなりません。

その日は私の隣に初老の男性がお一人で飲んでられたんですが、私と店のおばちゃんとの日本酒の話を聞いていて、そこから一緒にお話をさせていただいて、立ち飲み屋の作法とか色々お酒に関する話とか聞かせていただきました。

こういう立ち飲み屋はこうした交流があるから楽しんですよね。でも、実はこの初老の男性のお客様とは初めてお会いするのではなく、2~3回お会いしてちょっとお話したこともあるんですが、覚えてもらえてなかったので初めてお会いしたていでお話をしました。こういうのも愛嬌で楽しいですよ。

今度はいつ行こうかな。IMG_20160830_145058[1]